プロジェクト管理

男性の手

プロジェクト管理つまりプロジェクトを管理するということは、簡単にいうとプロジェクトの状況を把握し、プロジェクトを目的に沿うように課題を取り除き、運営を行うことです。

プロジェクト管理の手始めとして、プロジェクトを見える化するというやり方が一番オーソドックスなやり方です。
見える化をするための手段としては、アナログなものだとホワイトボードや紙に進捗をかくものから、デジタルなものだとExcelとかを使って管理するのが一般的でした。
最近ではアナログで見える容易さと、データの入力加工が容易なデジタルの良さを融合した管理ツールがグループウェアや社内SNSに搭載されはじめ、管理の仕方も電子化が進んでいます。

一般的なプロジェクトであれば、グループウェアでプロジェクト管理することがお勧めです。
グループウェアでは定型のプロジェクト管理で必要そうな進捗管理、目標管理、コスト、生産性などを自動的に計算してビジュアルに表示してくれます。

プロジェクトが定型化しにくい業態の場合には、プロジェクト管理の手段として、社内SNSを用いるやり方も注目され始めています。
社内SNSはグループウェアと違って、組織に必ず存在する人に着目し、個人の作った情報共有や情報をストックして情報資産として活用していく取り組みとして使われ始めています。
社内SNSでは情報を蓄えるだけでなく、個々のアクティビティが組織を超えて流通するため、組織の風通しをよくするなどの効果も狙えます。

円滑な社内情報網

パソコン管理

会社内での様々なプロジェクト管理を行う上で、円滑な情報網が必要とされますが、どういったグループウェアを利用するかがかなり重要なポイントになります。
同時に社内SNS網を構築することも、伝えるべき情報を確実に伝達することができる優位な手段です。

元々のプロジェクト管理を行う手段としては、ミーティングなど直に集まってなされるか、ペーパーでの伝達というアナログな方法が主流で、最近やっと多くの企業で、グループウェアを用いた情報管理や社内SNS網を利用する手法が取り入れられるようになってきました。

そもそもプロジェクト管理は企業の活動を支える重要な要件ですから、そのキーとなる手段の選択がどのようになされるかが大切で、そのための「プロジェクト管理部門」という部署を設けてきっちりと行われるのが最善です。
そこではプロジェクト管理に必要なハードウェアの選定や、その利用管理の方法も的確に定められる必要があります。

最も利用が簡単なのがグループウェアのソフトで、最近は無料のものも配布されていますが、やはり会社で採用するならば慎重に選定する必要があります。
そういった情報はインターネットで「プロジェクト管理グループウェア」で検索するとネット上での評価がよくわかります。

同時に社内SNS網を取り入れることも視野に入れるのならば、同じく「プロジェクト管理社内SNS」で検索すれば、自社に最適の社内SNSの取り入れ方がわかります。

カレンダー
2014年11月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
アーカイブ
カテゴリー